ハリネズミを飼育するには 〜用品編〜

ヨツユビハリネズミの飼育に適する環境

■快適温度:22〜27℃
 体温調節が苦手で、暑さ寒さに弱いです。
 温度管理を徹底してください。
 *湿度は50%以下をオススメします。湿度を上げすぎないことが、ダニ・カビ対策にもなります。

元来、ヨツユビハリネズミは冬眠する種ではありませんが、最近では冬眠する個体も確認されているようです。
どちらにしても、リスクが高いです。
冬眠=仮死状態と考えて、そうならないように環境を整えてください。
夏は夏で、30℃を超えると夏眠してしまいます。
野生でも夏眠をするようではありますが、体に負担がかかることは間違いありません。
適温を維持してあげてください。

飼育に必要なもの

■温度を保つもの(エアコン・保温球など)

■ケージ:最低0.38平方メートル(3800平方センチメートル)
 大きめのうさぎケージでも飼育は可能ですが、回し車や寝床などを設置すると、窮屈になりがちです。
 個人的には0.6〜0.8平方メートルくらいとってあげてほしいです。
 ケージ内での動きが、全然違うんです。”のそのそ”から”すたたた!”になります。
 見てる方も楽しいですよ!

■エサ皿・給水器
 エサ皿は高さのあまりないものがいいです。
 給水器は給水ボトルでも可能ですが、苦手なハリネズミもいますので注意してください。
 ウチでは小鳥用に販売されている、陶器の給水器を使っています。
 飲んでる姿や音も可愛らしいので、私は給水器のほうが好きです。

■ハリネズミフード
 以前はフェレットフードやキャットフードで代用されていましたが、だんだん種類も増えてきましたね!
 ハリネズミは偏食しやすい個体が多いです。
 そうなった時に慌てないよう、数種類のフードを混ぜたり日替わりで与えたりしてください。

■寝床
 開口部が小さく、カラダにフィットするものを好むようです。
 ”爪のひっかからないような布”と”巣箱”を入れたとき、布に潜って寝ることがほとんどです。(ちょっとせつない…)
 開口部の大きめなものでも、中に布を入れてあげるとお気に入りの寝床になります。
 飼い主さんとはりちゃんのお好みで、いろいろ試してみてください。

■床材
 NGなのは、粒が細かく固まるタイプのもの。排尿後に性器についたまま、固まってしまう可能性があります。
 そういったものを除いても、これもまた、いろんな種類があります。ビビッとくるものを探すのも楽しいです。
 針葉樹ではよく言われていますが、広葉樹でもアレルギー反応が出る場合があります。床材を変えた際には、よく観察してください。(広葉樹のほうがアレルギーが出にくいのは確かです)
 ちなみに…アメリカにおいて最も推奨されているのは紙砂のようです。

■ホイール
 昭和の人間のサガ(?)で、”回し車”のほうがピンとくるのですが、最近は”ホイール”というみたいですね!シャレてます。
 野生のハリネズミは、餌となる昆虫を探し回ります。一晩で5km以上も。すごい。
 「5kmも走るくらいならじっと待ってればいいのに…」という、ものぐさ炸裂な私の思いはさておいて、とにかくハリネズミには運動が必要です。
 ホイールの内径が30cm以上のものを選びましょう。
 それ以下のものだと無理な体勢で走ることになります。足腰に負担がかかり、ケガの元になります。

■温度・湿度計
 室温・湿度を保つために必須です。

>>ハリネズミを飼育するには 〜知識編〜(COMING SOON!!)