はりねずみを飼いたい?

はりねずみを飼う前に、知っておいてほしいことがいくつかあります。

『犬や猫のようには懐かない』
怖い存在ではないと分かってもらう(いいことがあると思ってもらう)ことで はりねずみの方から寄ってきたり、抱き上げたり 撫でたりしても怒らない程度にはなります。
その程度まで到達するのにも、(個体差はもちろんありますが)1ヶ月程度かかります。
本当に、警戒心の強い生き物です。
基本的には、遊んでいるのを見て楽しむペットだと思ってください。

『明るいところでは活動しない』
日中は ほとんど寝ています。
寝床でごそごそしていたり、たまに目が合ったりするので、全く活動しないというわけでもないようですが、自発的に出てくることはほとんどありません。
出てきても、暗い時間帯より警戒しているように感じます。(くんくんも、寄ってきたりもしない)
ちなみに 夜になっても周囲が明るいと行動しません。

『空調管理をしないといけない』
命に関わります。
暑過ぎても寒過ぎてもいけません。(24〜29度が適温)
また、湿度が高いと体調を壊しやすくなります。
40%が最適だそうなのですが、梅雨時期〜夏場は 除湿器を利用しても難しいかもしれません。
せめて50%台前半になるように、気をつけてあげてください。

『個性豊か』
ウチの4匹のはりねずみだけでも、本当に違います。
起きてくる時間が違ったり、ご飯の好みやペースが違ったり、環境にすぐ慣れたり なかなか慣れずに苦労したり、いつまでもビビりだったり 最初から好奇心旺盛だったり、本当にいろいろです。
書いてあること、聞いたことと違っても、不安にならなくて大丈夫です。
※ただし、ご飯を食べない、便の状態が悪い、など 健康面で不安がある場合は、迷わず病院へ連れて行ってあげてください。(はりねずみの診察が可能かどうか、事前に調べておいた方がいいです)

『事前によく調べてください』
はりねずみの飼い方について、一昔前は情報収集するのも大変だったそうですが、今では飼育書が何冊か出ていたり、ホームページにまとめてくださってたりします。
飼う前に、ぜひ熟読してみてください。
wikiもあります:ハリネズミ飼育情報(ハリwiki)

このページを含め、似たような注意書きを目にすることが多いかと思います。
それは「思っていたのと違った」と、無責任に飼育を放棄するケースが散見されるからです。
かわいい姿をネットなどあちこちで見てたのに、いざ連れ帰ってきた子は顔も見せてくれない…なんてこともあるかもしれません。
ですが、最初はそんなものです。
まずはそれを伝えておきたい、絶対に飼育放棄などさせたくない、と思っている人がたくさんいるということだと思います。
どうか、事前に生態や飼い方を知っておいてください。

ちなみに、触れないほどトゲを立てるのは、人や環境に慣れていない最初のうちだけです。
慣れてから、ウチの4匹はトゲトゲに丸まったことはないです。
(たぬ吉は最初から あまりトゲトゲしない子で、むしろ手のひらをひたすらペロペロされてました笑)

あのトゲトゲボールが、ある意味恋しい…。