はりそん闘病の記録

 

お久しぶりのはりそんさん。
実は先日、手術をしました。
腫瘍を2つ、切除してもらいました。

病理検査してもらった結果は
”神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)”。

ハリネズミの腫瘍の場合、「どこにどんな種類のものが発生するか」いろんなケースがあるという認識はありました。
しかし、ここまで聞き馴染みのない病名とは…。全くピンとこない(・_・;)
調べてみるも、人間のその病気の説明ではしっくりこない…。

ちなみに、はりねずみでの症例は報告が少なくデータもほとんどないとのこと。

とにもかくにも、悪性の腫瘍だったとのことなので…切ってもらってよかった!
再発の可能性があるので、しっかり経過観察中です。

実は、この一連の闘病中、はりそんの写真を撮りませんでした。
最初は大したことないと思っていたし、後半ははりそんの元気と体重が落ちていく様子を目の当たりにして、最悪のケースをイメージしてしまい…。
途中で記録するとそれが現実になってしまう気がして、撮る気になれませんでした。

随分痩せて、食欲も以前と比べるとあまりなくなってしまい「すっかり元通り」とはいきませんが、とりあえずは体調も落ち着いた様子のはりそん。
ひと安心したところで、時系列でまとめてみました。
いざまとめようとするとやっぱり思う。
写真、いるよなぁ…。

■7月下旬
あごの下あたりに血豆と水ぶくれを合わせたようなふくらみを見つけ、病院へ。
IMG_4070
(青丸のあたり)
  →軟膏を処方される。(大きくなるようなら再診を、とのこと)

1週間、軟膏を塗りつつ様子見。
 →血豆のようなものがほくろのような点にまで小さくなる。
ほとんど目立たなくなったので1週間程度で軟膏終了。
「大したことなくて良かった」と思ってました…。

■8月中旬
たぬ吉と交配。

■9月中旬
はむそん誕生!

■10月上旬~中旬
はむそん誕生からしばらく、産後・育児中ということもあり、はりそんを抱き上げておらず
3週間程度経って抱き上げたときに、また血豆のようなふくらみになっていることに気付く。
軟膏を塗りたかったが、はむそんの離乳までもう少しということもあり、様子見することに。

■10月下旬
はむそんがフードをよく食べるようになったあたりで、はりそんの食欲がガタッと落ちる。
右側面(?)部にも、あごの下と同じようなふくらみを発見。
IMG_4073
(青丸のあたり)
再度病院へ連れて行き、手術することになる。

手術日が決まってから手術までの間が10日ほどあったのですが
この間、はりそんの食欲がどんどん落ちて、ミルクしか飲んでないという日もありました。
ムシは相変わらずの勢いで食べるけど、後から吐くことも…。
また、緑の便もよくしていました。

■11月初旬
はりそん手術。(はむそん独り立ち)
私は日中の仕事の日だったのですが、仕事が全然手に着かず、しょーもないミス連発…。
定時ダッシュしてお迎えに行くと、当のはりそんさん…ケロッとしてました笑
先生から手術の説明をしていただき、切除した腫瘍は病理検査へ。
皮膚の下に大きい腫瘍が潜んでいるイメージを勝手に持っていましたが、ほぼ、見えていたふくらみの大きさでした。(直径1,2cm程度だったと思います。)
筋肉まで切っていないのでダメージも少ない様子。ひとまず安堵しました。

■11月中旬
あごの下はボンドのようなもので傷を閉じたので、右側面部のみ抜糸。

病理検査の結果が出て”神経鞘腫”と判明。

手術以降現在まで、フードは少しつつくようになりました。
食べる量が少ないので念のため、毎回ミルクも作ってます。
ゆで卵を混ぜたりもします。
もともと500g台だった体重は、360g前後で下げ止まっています。
小さくなっちゃったはりそんさん。
ハリネズミのはりそん1
ハリネズミのはりそん2
うん、それでも相変わらずかわいい!

妊娠させてしまったのが私の判断ミスだったという反省は当然ありますが、はむそんがフードを食べるようになってから、それを待っていたかのように体調が一気に悪化する様子を見て、お母ちゃんの意地!みたいなものを感じました。
もちろん今後、はりそんの繁殖はありません。
まだ2歳のはりそんさん、のんびりゆっくり、長生きしてもらいたいです。
他にも気になるところがあるので、年明けにはまた病院へ連行予定なんですけどね…(・_・;)

ちなみに、ウチでお世話になっている動物病院は
広島市東区中山の『はちペットクリニック』さんです。
はりねずみを飼い始める前に、はりねずみの診療が可能な病院を近場から順に電話して探していたのですが、その中で紹介いただいたのがこちらでした。

それから、何かある度にお世話になっています。
はりねずみの治療について「(病状などにより)ご期待に応えられるかは…」とは仰っていましたが、分からないことは分からないとはっきり言ってくれるし、麻酔や手術のリスクの説明もきちんとしてくれるし、薬や検査のリスクも考慮していただけるし、私はとっても信頼しています。
そして何より、昔はりちゃんを飼っていたこともあるそうで!(地味にポイント高いでしょ!笑)

近隣ではりちゃん飼ってる方、『はちペットクリニック』さん、オススメですよー!
(みんなではりちゃん連れて行って、エキスパートになってもらえたらなぁ…なんて思いがなきにしもあらず…笑)

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    こんにちは。
    コメント失礼します。
    2月3月頃にハリネズミちゃんの予約のお願いしたものです。
    はりそんちゃん闘病生活お疲れ様でした。お母さんの意地すごいなあと感じました。今元気そうで本当に良かったです。
    さて、ハリネズミちゃんをお迎えするにあたって日々勉強、日々準備をさせていただいています。その中でも、動物病院のことは私の中で一番の課題でした。私の住んでいる地域ではなかなかハリネズミちゃんを見てくれる動物病院さんがありませんでした。今、電話をしたり他のハリ飼いさんからの情報で三件見つけたのですが、手術のことまでは難しいと仰られました。でも今回の記事にもありました病院。車を走らせて二、三時間もあれば行けそうなので、少し安心しました。いざ。が来ないことを祈りたいのですが、万が一のことを考えハリネズミちゃんをお迎えするまでにできる限りのことをしたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いします。いつもブログでのハリちゃんのこと、ためになる情報等本当にありがとうございます。
    年の瀬にコメント失礼しました。良いお年をお迎えくださいませ。

    • acco acco より:

      匿名さま
      こちらこそ、コメントありがとうございます!
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いします(*’▽’)

      ブログ拝見しました!すでに着々とお迎え準備が進んでいるようで、なんだかとっても嬉しくなっちゃいました(*´▽`*)
      子はりちゃんが生まれたらご報告させていただきますので今しばらくお待ちくださいませ!

      病院については、こちら広島でも手術までしてもらえるところだと2,3件しか耳にしません…( ;∀;)
      先日病院で出会ったはり飼いさんは、東広島から来られてました!
      それぞれの町に1件は、手術までしてもらえる病院があったらいいですね。道のりはとっても長そうですが…( ;∀;)

      来年は匿名さまと子はりちゃんの素敵な出会いが待ってますね!
      匿名様も、よいお年をお迎えくださいませ!

この記事へのコメントはこちら

名前・アドレスとも任意ですが、お名前を入れていただけると助かります!
問い合わせの場合は、念のためアドレスも入力ください。

下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA